意味のある偶然は奇跡と同じ
「焼き魚」のこと嫌い?好き?さまざまあるかもだけど、あながち悪いものじゃないよね、「手作りカレー」は。そう思わない?

汗をたらして歌うあの人と観光地

買った縫物用の布で、幼稚園に入園するわが子の袋を縫わなくてはいけない。
というか妻が縫うんだけど、しかし、俺も絶対やだというわけではないので、進みが悪いようだったら手伝おうと考えている。
ボールや靴をしまうきんちゃく袋が幼稚園に入園するのにいるみたいだ。
ミシンもやっとのことでついた。
使った感じもみてみようと思う。

自信を持ってダンスする姉妹と僕
無関心だったけれど、筋トレくらい少しはしなくてはとこのごろ思う。
仕事が変化したからか、ここ最近、走ることがめちゃめちゃ少なくなり、体脂肪がめちゃめちゃ増した。
それに加えて、年も関係しているかもしれないけれど、腹にぶよぶよと脂肪が増えてきて、すごくみっともない。
多少でも、走らないとだめだ。

薄暗い平日の夕暮れに外へ

「絶対にこうで決まっている!」と、自分の価値観のみで周囲を見極めるのは悪くはない。
けれど、世間にはジェンダーと言うものが個人の周囲にまとわりついてくる。
これらを知ると自信を手に入れるのは良い事だけど、あまりにも否定するのはどうなんだろう?と思う。
これも一意見でしかないんだけれど。
厳しい世間になる可能性のあるかもしれない。

天気の良い休日の深夜に外へ
知らない者はいない見学箇所である、法隆寺へ向かった。
法隆寺式伽藍配置も思う存分見学できて、立派な五重塔、講堂も見せてもらった。
博物館で、国宝に指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも少しだけ小さかった。
この寺に関して勉強するにはおそらく、かなりの時を要するのではないかと思う。

具合悪そうに体操する弟と私

人類のほとんどが水分だという調査もありますので、水は人間の重要点です。
水の摂取を欠かさず、皆が健康的で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく強い日差しの中から蝉の鳴き声が耳に入るとこの時期、いつもはそんなに外出しないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策に関してマメな方が多いかもしれません。
暑い時期の肌の手入れは秋に出るといいますので、どうしても気になってしまう所かもしれません。
やはり、誰もが気になっているのが水分摂取に関してです。
当然、普段から水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、この時期はちょっと例外かもしれません。
なぜなら、たくさん汗を出して、気付かない間に体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分自身の調子も関わるでしょう。
ひょっとすると、自身で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言にはならないかもしれません。
短時間外へ出るときにも、小さなものでかまわないので、水筒があったらすごく経済的です。
人類のほとんどが水分だという調査もありますので、水は人間の重要点です。
水の摂取を欠かさず、皆が健康的で楽しい季節を満喫したいものです。

雨が降る週末の夜明けに熱燗を
今日の新聞に、日本人女性の眉に関して、興味深い記事が書き留められていた。
意味を知ると、実に色気まで感じてくるので不思議だ。
なんとなく、不気味にも見えるが、当時は成人女性の証だという。
意味を知ると、次第に色気まで感じられるので不思議だ。

よく晴れた金曜の夜明けに想い出に浸る

かなり昔、体の状態が悪いのに、偏った食事と、睡眠の内容が良くなかったので、シミが多くなった。
マズいと思って、生活習慣を改善することを誓い、肌ケアに役立つ事をし続けようと情報収集をした。
そこでファンが多かったのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今に至るまでごくごくと飲む。
れもんよりも肌に必要なビタミンCが豊富に摂取できるとの事だ。
健康と美は結局ビタミンから出来るのかもしれない。

夢中で踊る姉ちゃんと失くしたストラップ
私は仕事の関係で、日光市へ行くことが多かった。
東京から4時間ほどの場所にある日光市は栃木県にあり、内陸県で、多くの山に囲まれている。
もちろん、寒くなると雪が多く、除雪車やチェーンは必須になる。
紅葉の時期になると、東北自動車道を使って2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日という生活スタイルが多くて、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると懐かしく思ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い場所だ。
紹介させてもらうと、ツアーのメインはやはり日光東照宮。
歴史上欠かせない人物徳川家康の眠っている所で、境内の様子に驚くと思う。
そして、いろは坂を上るとたどり着ける温泉街。
硫黄泉らしく、白色で、高温の湯。
この温泉に来ると冷えも治るだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、この温泉を目指してかなりの人数の湯治客が集まったと言う。
景色が想像可能な歴史の深い所が日光。
ホテルの紹介も一緒に情報誌にたくさん記載されている栃木県に、ぜひまた行きたいと思っている。

具合悪そうに大声を出す家族と枯れた森

小学生のころから、読書は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、家の本棚や図書館にある本を読んでいました。
真剣に自分の意志で読み始めたのは、高校生のとき。
国語で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
話は、彼氏を亡くした主人公の、高校のときの回想からの始まりです。
恋人を亡くすなんて経験なんてその当時もその後も、もちろんありません。
だけど、高校生の私には主人公の絶望が乗り移ってきました。
初めての感覚でした。
その子と、高校生の私の年齢が近かった事、それも原因だと考えています。
その帰りに、それを買って帰ったのが文庫本を購入した初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のストーリーですが、ずっと輝き続ける人気の本だと思います。

気どりながら熱弁する彼と夕焼け
ちかこのマンションのベランダにて育っているトマトは、不運な運命かもしれない。
ぎりぎりまで水を与えなかったり、たまにアイスティーをあげたり、野菜ジュースを与えたり。
酔っぱらった私と彼女に、日本酒を与えられた時もある。
育ての親である友達は、今度興味でトマトジュースをあげてみたいらしい。
もはやトマトの意思は完璧に無視。

お役立ちサイト、関連サイト紹介です。


Copyright (c) 2015 意味のある偶然は奇跡と同じ All rights reserved.